クーラーや暖房は思ったより節電できない?

14年前に設置したエアコンが音を出して止まってしまいついに壊れてしまいました。それほど頻繁に使っていたわけではなかったので正直、もっと長持ちするのではないかと思っていました。というのも私は物持ちがよく20年以上使用している家電も多く、なかなか壊れないのでずっと使用しています。毎週使っている洗濯機も20年以上だし、毎日使っている冷蔵庫、ポット、炊飯器、電子レンジもすべて20年以上です。

家電が壊れないので無駄な買い物をしなくていいのですが、よく言われているのが家電を最新式にすると電気代が安くなるということです。今回もエアコンが壊れて買い替えないといけなかったのですが、その反面、電気代が安くなるのではないかと期待していました。

ネットで調べた情報でも数年前程度ならもうすでに節電効果も落ち着いてそれほどでもないということでしたが、十年以上前なら実感できるぐらいは節電効果の可能性が高いという情報が多くありました。もちろん14年前からの買い替えだったので期待が大きく、これまでケチケチしてエアコンを使っていたのですが新しいのを設置してからはあまりケチらずに使って様子を見てみました。

すると思ったよりも節電効果がないようで少しがっかりしています。特にエアコンはつけたり消したりするよりも、つけっぱなしの方が節電になったりするという書き込みも多くかなり期待していたのです。しかし、実際はそれまであまりエアコンを使っていなかったというのもあってずっとつけるとその方が新しいエアコンでも電気代がかかってしまうことが分かってしまいました。これからまた節電のためにあまりつかわないかどうか思案中です。