私の喪服の選び方とこだわり※おしゃれで長く着れるデザインとは

喪服を購入したきっかけは、大学卒業後も葬儀や法事にスーツで行っていたからです。女性でスーツを着ていたのは私だけだったので、購入しようと思いました。

喪服の選び方が分からなかったので、母も一緒にお店まで来てもらいました。私は喪服にリボンのデザインが入っているものが希望でした。周りの人が着ている喪服を参考にしました。でもお店に行くと様々な喪服の形があり、リボンの位置や大きさも違いました。

種類の多さにも驚きました。店員さんは飽きのこないデザインで、数年経っても痛みにくい生地のものをいくつか用意してくれました。初心者でも生地の違いが分かる程で、値段が多少は高くても、生地が滑らかな喪服にしました。しわになりにくいのが良かったです。

リボンは年齢や今後のことを考えて、小さめのものを選択しました。でも、ジャケットのみにしかないデザインもありました。私はジャケットとワンピースの両方に小さなリボンがあるものを選びました。夏はワンピースだけになるので、ワンポイントが欲しかったからです。

ワンピースに飾りがあるのは、少ないとのことです。細かい部分に自分らしさを出せて良かったです。喪服は葬儀や法事の時にしか着る機会がなので、あまりこだわりはなかったです。しかし店員さんからアドバイスをもらい、丁寧に選ぶ事で一生ものの買い物ができました。今でも喪服を着るたびにこれを選んで良かったと思います。

普段の服は、自分の直感で選ぶ事が多いです。何度も欲しい時に購入できるからです。だから色々な服を自由に着ます。でも喪服とか人生の中でそんなに何度も購入しないものは、丁寧に選びたいです。そ

うすることで着る機会は少なくても、気持ちよく自信を持って着る事ができると思います。初対面の人に会う時の服装は、明るい物を選んでいます。明るいイメージをもってもらいたいからです。

反対に苦手な人と会う時は、暗い色を選びます。時に黒は自分の秘密を隠すことができるからです。喪服にもこだわりたい人はこのサイトをチェックしてくださいね(=゚ω゚)ノ **喪服おしゃれ**

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です